Y.K STILE

理系大学生Yujiのブログ

 Check out this blog.

JOKER 感想 ネタバレなし

 

 

賛否両論ありますが、僕にはとても心に刺さるすごい作品に感じた。バイト先の同期からおれはもう三回見た。見ないと後悔するぞと言われておりどんなもんかと思いあまり期待しないような感じで行きました、しかしその上を超えてくるような感慨深い作品となっていました。

f:id:Yujinote:20191023120437j:image

 

 

ホアキンフェニックスが演じなければJOKERは完成しなかったんじゃないかと思えるほどの、演技力。怖さ。怒り。悲しみ。の表現力本当に凄かったです。この映画を見た人はJOKERは悪のカリスマと口を揃えて言うんじゃないでしょうか。

 

始まりから終わりまでJOKERに同情してしまうそんな気持ちがずっと続いていました。

映画中、開いた口が塞がらないとはこういうことなのかと実感してしまうくらい後半は口が開きっぱなしでした。

 

あ、この映画今現在、自分の心に余裕がない方、肉体的に余裕がない方はみないほうがいいとおもいます。それくらい影響力のある映画です。逆にこんなに流行ってしまってもいいのか?とも思えてしまう内容でした。JOKERが暴れているのを見てスカッとしたいという方は是非見てください笑笑

 

今、見終わってすぐ書きたくなりこれを書いています。感想と書いてありますが、まず終わった瞬間皆さん放心状態になると思います。

 

あと、見ていてシンプルに辛くなる方がいるかも。ただの暴力などそういう問題ではない気がした。主人公はとても憎しみに満ち溢れている。こんな人見たことないと思った。

 

全然うまく話せないです。多分皆さん見たら同じような状態になるのではないかと思います。

 

この映画を見たら悪がどのようにして生まれるのか、悪の根源がわかるような気がします。

 

話すぎるとネタバレしそうなのでやめますね。

 

内容はともかく本当に主人公のホアキンは最高の演技でした。世界一美しいダンスを目にしたのではないかな?と思います。

さっきとは矛盾したことを言いますが、心がスッキリしていて悩みがあまりない人には心にささらないかもしれません。何らかのコンプレックスを抱えていたり、世の中に不満を抱いていたり、心のどこかで憎しみを抱いている方などはすごく心に刺さると思う。

 

あ、ダークナイトは絶対に見ておいた方がいいと僕は思います。

 

僕にとっては人生で一番心に刺さった映画だったかもしれません。いろいろ考えさせられるそんな映画です。

 

すみません。話が全然まとまらなくて。でも本当にそうなってしまう映画です。

 

是非劇場まで足を運んでみてください。