Y.K STILE

理系大学生Yujiのブログ

 Check out this blog.

草津温泉名物!湯もみと踊りショー 熱乃湯

みなさんこんにちは理系大学生ブロガーYuji(@yuji_1997_1007)です!

 

草津温泉ときいて、僕が一番に頭に浮かんだものはおばさんたちが木の棒を使いながら歌って温泉を混ぜているシーン。

 

テレビなどでみたことはありましたが実際に見たことが無かったのでみにいくことにしました!

 

みなさん湯もみって知ってますか?

どのような理由で始まったのか、どのような効果があるのか。

説明していきます!

 

 

 

1.そもそも湯もみとは?

 

草津温泉の源泉は熱く、50℃近いものがほとんどで、そのまま入浴することはとてもできません。しかし温度を下げるために水を入れたのでは、温泉の効能が薄れてしまいます。そこで、熱い源泉の中に六尺板を入れて湯をもみ、入浴できるまでの一定の温度に下げる「湯もみ」が考え出されました。また、「湯もみ」をすることにより、温度を下げるだけでなく、湯を柔らかくする効果や入浴前の準備運動にもなります。

 

簡単に言えば、水などの力を使わずに人の力によって気持ちよく入られる温度まで温泉の温度を下げる技法みたいなものですね。

 

2.歴史

湯もみショーは、1960年(昭和35年)から開始し、熱乃湯も観光施設として1968年 (昭和43年)に新たに建替えられました。この建物は1968年 (昭和43年) ~2014年 (平成26年) まで46年もの長い間、たくさんのお客様をお迎えし、多くの方に親しまれています! 時間湯の様子を描いた木版画を題材にしたステンドグラス風の入場口は、夜間は内側からライトアップされ、撮影スポットとしても人気を集めました。

 

3.湯もみと踊りショー

f:id:Yujinote:20191101140927j:image
f:id:Yujinote:20191101140924j:image

湯もみと踊りショーは時間が決まっており、一公演25分ほどです!

 

前もって1人600円のチケットを買い会場内に入り説明から始まり湯もみと踊りショーがはじまります!

f:id:Yujinote:20191101141041j:image
f:id:Yujinote:20191101141037j:image

こちらが始まる前の写真です。

 

時間になるとまず踊りから始まります。

f:id:Yujinote:20191101141111j:image

踊りショーが終わると湯もみのスタートです!

f:id:Yujinote:20191101141137j:image
f:id:Yujinote:20191101141458j:image

湯もみの音楽とともに湯もみガールズによる湯もみが始まります。

 

歌がとてもうまいんですよね。

やっている方は結構年配の方達ばかりなのですが、力強い湯もみを披露してくれます。

 

大丈夫なのかな、、と心配してしまうほどの湯もみでした。これが昔から行われているものだと考えるとすごく感慨深くなりました。

 

4.湯もみ体験

 

一通りの湯もみが終了すると湯もみ体験コーナーが始まります。

これは先着順になります!

 

本当に早い者勝ちという感じです。

やる方いるのかなと思っていましたが思った以上の人たちが参加したいと並んでいました。

f:id:Yujinote:20191101141953j:image

こちらが体験の様子になります。

湯もみガールズたちが相槌を打ちながら、丁寧に教えてくれてました。

 

やっといた方がよかったかな。

絶対にいい経験になったと思う笑

 

この体験コーナーが終わると締めのショーが行われ、湯もみと踊りショーの終了です!

 

5.最後に

 

草津に来たらこれを見ずに帰るのはとてももったいないと思いました。

 

草津温泉の歴史とどのようにして各宿に源泉水が提供されているのかなどが分かります。

 

草津の温泉に入る前に歴史について知ることでまた違った気持ちで、温泉に浸かることができるのでオススメです!

 

最後まで読んでくれてありがとう😊