Y.K STILE

Yublog

理系大学生ブロガーのYujiです。普段は機械工学部の学生として東京で一人暮らしをしています。このブログではブログ運営、アフィリエイト、生活に役立つ情報を発信していきます!

MENU view raw

【初心者でも簡単】SEOキーワードの入れ方

 

みなさんこんにちは理系大学生ブロガーYujiです。

yujiの写真

 

SEOキーワードのブログ内への入れ方についてわかりやすく説明していきます。

キーワードをブログ内に入れるにあたって大切なことは以下の5点です。

 

  • キーワードは左寄せ
  • キーワードをタイトルに入れる
  • キーワードを全コンテンツに入れる
  • H2見出しに入れる
  • メタディスクリプションに入れる

 

それではそれぞれ解説していきます。

 

 

 

キーワードは左寄せ

 

SEOキーワードをブログ内記事に入れるにあたって、キーワードは左寄せするといいと言われています。左寄せとは簡単なことです。

いい例がこちら。ここでのキーワードを理系大学生とします。

理系大学生がブログをするにあたってのメリットを解説。

 

悪い例がこちら。

ブログをするにあたって理系大学生が得るメリットとは。

 

 

内容はどちらも同じですね。しかし、キーワードは初めに言うことが大切です。

SEOキーワードをブログ内に入れるにあたって左寄せを意識してみましょう。

 

キーワードを入れるべき場所

 

キーワードをブログ内に入れる時、入れるべき場所は以下の3つです。

 

  • タイトル
  • H2見出し
  • メタディスクリプション

 

まず初めにこの3つの箇所には必ずキーワードを入れるようにしましょう。

こちらキーワードをブログ内に入れるにあたっての基本となります。それでは詳しく説明していきます。

 

タイトル

 

タイトルには必ずキーワードを入れることが必要です。

 

これは言わずもがな大切なことですね。

読者はタイトルを見て、ブログ記事を読みにきます。僕たちが普段何かを調べる時に調べたいことを検索します。

そこで重要なのがタイトルです。あなたが伝えたいキーワードをタイトルに絶対に含めるようにしましょう。

 

例えばあなたがブログのキーワードを「ブログ」「大学せ」としたいのであれば、記事のタイトルにも「ブログ」と「大学生」というキーワードを絶対に入れてください。

 

ここでもキーワードの左寄せは大切です。

 

H2見出し 

 H2見出しにもキーワードを必ず入れるようにしましょう。

 

H2見出しとは、他の文章よりも大きく表示される見出しのことです。

H2~H6に行くに従って重要度が増してきます。

 

僕の記事にではキーワードがほぼH2見出しの中に含まれています。

このブログ記事内でのH2見出しは「SEOキーワードは左寄せ」「SEOキーワードを入れるべき場所」の二つの見出しになります。

SEOキーワードは左寄せ」「SEOキーワードを入れるべき場所」の二つの見出し。どちらのH2見出しを見てみてもSEOキーワードが含まれています。

 

このようにしてキーワードをH2見出しに入れるように心がけましょう。

 

ここでのポイントも左寄せです。

 

メタディスクリプション

 

メタディスクリプションにもキーワードを入れるようにしましょう。

 

メタディスクリプションとは、ページコンテンツを100文字程度の文章で表した「概要」や「要約」のことです。

詳しい例をあげて説明します。

ここでは「ブログ 広告」とネットで検索したとします。このように表示されます。

メタディスクリプションの説明



 

 こちらの赤枠の中がメタディスクリプションとなります。

 

メタディスクリプションにキーワードを入れることによってキーワードが大きく表示されます。上の例を見てもらえればわかるように「広告」という文字と「ブログ」という文字が太字で掲載されていることがわかります。

 

このように、太字が目に入ると嫌でも人間は意識をして検索してしまいます。

キーワードをメタディスクリピションに入れることは大切なことです。

 

キーワードは全コンテンツに入れる

 

僕はキーワードを全コンテンツに入れるようにしています。

この記事を見てもらえればわかるように「キーワード」という文字がどのコンテンツにも含まれています。

 

キーワードはタイトルやH2見出しだけではなくページの本文、つまり内容にも入れる必要があります。内容ないでも自分が選定したキーワードを取り入れるようにしてください。

 

キーワードの入れすぎはダメ

 

いくらキーワードが大事だからと言って、不自然な文章を作ることは禁物です。

読者さんにとって不快な思いをさせてしまうからです。

詳しい例を出してみます。

まずはダメな例から。「大学生」「ブログ」をキーワードにします。

 

大学生がブログを始めると良い理由は多くの知識が増えるからです。大学生がブログを始めることにより良い経験となります。大学生に限らずブログを始めることは良いことです。

 

わかりますか。しつこすぎますよね。

いくらキーワードを大事にしたいからと言って読者さんにとって不快になってはダメです。

 

ブログを書く大前提として、読者さんのことを第一に考える必要があります。

 

 

以上がSE0キーワードのブログ内への売れ方に関する説明でした。

これらのことはSEOに関して全くわからない初心者ブロガーさんでも簡単に始めることができることです。

 

SEOに対して全然知識がないという初心者さんにこちらをお勧めします。


スピードマスター 1時間でわかる SEO対策

 

こちら初心者さんにもとてもわかりやすく、すぐに読めるSEO対策の本です。

 是非検索を多くしてもらえるように頑張ってみてください。