Y.K STILE

Yublog

理系大学生ブロガーのYujiです。普段は機械工学部の学生として東京で一人暮らしをしています。このブログではブログ運営、アフィリエイト、生活に役立つ情報を発信していきます!

MENU view raw

【平均セッション時間】(滞在時間)を伸ばす方法6点を徹底解説

すみません投稿し直しました!! 

みなさんこんにちは理系大学生ブロガーYujiです。

yujiの写真

今回は平均セッション時間(滞在時間)を伸ばす方法について説明していきます。

 

「記事の更新を頑張っているのにセッション時間が伸びない」という方は必須です。

 

平均セッション時間はGoogleがサイトの価値を判断する基準の一つでもあるのでとても重要な項目となってきます。

 

こちらでは平均セッション時間を伸ばす方法について詳しく説明をしていきます。

セッション時間詳細



 

実際にぼくは平均セッションん時間を2分44秒まで伸ばすことに成功できているので信憑性はバッチリです!もちろん自社アクセスは除外しています!!

それでは解説していきます。

 

平均セッション時間とは

時間の様子



 

セッション時間とは1セッションあたりのページビュー数のことです。Googleアナリティクスで確認をすることができます。1ユーザーあたり、何個のページを訪問してくれたのかの平均となります。

 

簡単に言ってしまうとセッション時間=回遊率です。

 

基本的にセッション時間は回遊率なので多い方がいいとされています。

今回紹介するセッション時間を伸ばす方法は以下の6つの方法です。

 

  • コンテンツ量を増やす
  • コンテンツの質を高める
  • 読みやすさを意識
  • 目次を入れる
  • 内部リンクを入れる
  • 画像を挿入する

 

以上6点を改善しった結果、実際に平均セッション時間を伸ばすことに成功したので信憑性は十分にありますよ!!

では、それぞれ解説していきます!!

コンテンツ量を増やす

コンテンツ



セッション時間を伸ばす上で最も大切になってくるのはコンテンツの量です。

どれだけのコンテンツ量があるかがセッション時間に大きく影響してきます。コンテンツが少ないサイトはセッション時間が長いはずがありません。 その理由は簡単でユーザーが長い時間入ればいるほどセッション時間が伸びるからです。

これは身近なものにも取り入れられてますね。

例えばコストコです。多くの海外製品を取り入れることによってユーザーの滞在時間を増やし売り上げにもつなげています。これはブログでも同じことです。

 

コンテンツを増やすのたってお客様のニーズを1番に考えることは必須です。

コンテンツの質を高める

クオリティ



 

コンテンツに求めるのは量なのか?質なのか?もちろん量が多く質が高いものが強いです。

コンテンツの質が高いことはセッション時間を伸ばす上でとても大切なことです。最初は難しいかもしれませんが時間をかけて質の高い記事を作成できるように心がけてみてください。

 
質の低い記事を量産しても時間が無駄のなるだけで、セッション時間は伸びません!

読みやすさを意識する

本を読む様子



 

コンテンツの読みやすさはセッション時間に大きく関わってきます。

コンテンツの量を増やすことは大切ですが、1番に大切なのはユーザーにとって読みやすくニーズに対してしっかりと答えられている記事です。

 「この記事読みづらい」「この記事見にくい」などの意識を一瞬でも持たれてしまうとユーザーはサイトから離れて行ってしまいます。例えばリストのボックスデザインを作ることは効果的です。こちらを見ていきましょう。 

冬が好きな理由

・汗をあまりかかない

・重ね着がかわいい

・冬の暖かい鍋が美味しい

・クリスマスが好き

 

  • 汗をあまりかかない
  • 重ね着がかわいい
  • 冬の暖かい鍋が美味しい
  • クリスマスが好き

 

前者と後者どちらがユーザーから見てみやすくて快適だと思いますか?

圧倒的後者です。バランスを考えながらボックスデザインを入れたり対策をすることはセッション時間を伸ばす上で大切なことです。

デザインどうやればいいかわからないと言う方はこちらのリンクをどうぞ。

サルワカさんのこちらコピペで使えるデザインサンプル250選を見てください。絶対にあなたの手助けになること間違いなしです。コピペだけで素敵なデザインを実現できます!!

 

目次を入れる

目次



 

セッション時間を伸ばすために目次を入れるようにしよう!

ブログ内での目次はブログのサイトマップの役割を果たします。 なぜ目次を入れることがセッション時間を伸ばすことにつながるかと言うと現代ではスマートフォンで記事を見る方が多いからです。

 テキスト量のある記事を見るために画面をスクロールしないといけないのでとても大変になっててしまいます。

 

しかし、目次があればユーザーが見たいところへ飛ぶことができるのでユーザーに負担の削減にもつながります。

 

せっかくとても内容の濃いテキスト量の多い記事を書いてもユーザーが見るのをめんどくさいと感じてサイトを離れてしまってはセッション時間の減少につながってしまいます。

 

記事には目次を入れるようにしましょう。

 

内部リンクを入れる 

繋がり



セッション時間を上げるためには内部リンクを貼ることも対策になります。

何かについて説明をしていて、以前記事にしたことや関連させて説明したいときには必ず内部リンクを貼るようにしましょう。

 

内部リンクを貼り付けることによって、ユーザーが二つ目のコンテンツを見てくれるかもしれません。見てくれた場合セッション時間も必然的に伸びます。

 

しかし、内部リンクを貼りまくるのはよくないです。しっかりと厳選してはるようにしましょう!!

画像を挿入する

画像を挿入



 

セッション時間を増やす上で記事内に画像を入れることは大切です。

 

なぜかと言うと記事のバランスが良くなるのとユーザーにとっての休憩時間となるからです。

たまにある文字だけの記事を見ていて疲れてしまって途中でサイトを離れてしまったことありませんか?人間どうしても文字だけを読んでいるのは疲れてしまいます。

漫画が人気なのもこれが理由の一つだと思います。文字だけではなくて絵を一緒に見せることによってユーザーの「飽き」や「読み疲れ」を解消しています。

また画像を挿入することによって記事のバランスがが整います。

どれだけいい記事を書いてもユーザーが飽きたり、読み疲れをしてサイトを離れてしまってはセッション時間の減少につながってしまいます。

セッション時間を伸ばすために画像を挿入することをお勧めします。

 

ぼくがいつも挿入している高画質で良い画像はどこから手に入れているのか気になる人こちらの記事でおすすめのフリー素材・画像サイトを紹介しているのでぜひ参考に!!

 

www.yujidaily.com

 あ、これが先程紹介した内部リンクを貼ると言う手段ですよ😉

平均セッション時間を伸ばすための方法まとめ

ここまでのまとめです。

 

  • コンテンツ量を増やす
  • コンテンツの質を高める
  • 読みやすさを意識
  • 目次を入れる
  • 内部リンクを入れる
  • 画像を挿入する

 

以上の6点がセッション時間を伸ばす対策になります。

この6点を意識して記事を仕上げれば必然的にセッション時間が伸び、売上やアクセス数のアップにもつながります。ぜひ参考に記事を書いてみてください!!