Y.K STILE

Yublog

理系大学生ブロガーのYujiです。普段は機械工学部の学生として東京で一人暮らしをしています。このブログではブログ運営、アフィリエイト、生活に役立つ情報を発信していきます!

MENU view raw

【SEOと文字数】の関係について

 

 

みなさんこんにちは理系大学生ブロガYujiです。

yujiの写真



今回はSEOと記事の文字数が関係しているのか?という疑問について説明していきたいと思います。みなさん一度は気になった言葉あると思います。

 

SEO対策に必要なの文字数は何文字なんだろう?と。

 

結論から言うと「文字数はSEOに関係していません」

 

検索順位を上位にするために文字数を意識して多く書いてしまう人も多いかもしれません。

この記事を読めばの字数とSEOの関係性についてよくわかると思います。

 

  • 文字数とSEOの関係性
  • Googleが求めるブログの本質とは
  • 結局何字書けばいいの?

 

以上の3点について詳しく説明していきます。

文字数とSEOの関係性

SEO



 

2度目になりますが文字数はSEOに関係していません。

Googleのジョンミュラー氏が公式でこのように公言しています。

私たちはあなたのページの単語を数えて100語まではよくなくて、100語から500語の愛あだは全て良いです。500字以上を超えると全て手を説明するアリゴリズムを持っていません。私たちはページ全体を見ています。本当にユーザーにとって魅力的で関係性の高い結果であれば、長いか短いかや画像が多いなどの問題は全く持って問題がない。 引用:Youtube.GoogleWebmasters

 

これからわかるようにGoogleは文字数を評価しているのではなくて、検索クエリとの関係性がしっかりしているコンテンツを評価しています。

Googleが求めるブログの本質とは

Google



ではGoogleが求めるブログの本質は何でしょうか?

結論ブログの本質はユーザーのニーズにしっかりと応える事です。 

そもそもSEOの仕組みはユーザーを満足させるためにあります。

 

SEOの意味は「検索エンジン最適化」です。つまり検索した人に役立つ記事を表示する事です。「答えを簡単に知りたいからGoogleで検索をして答えを見つけてみよう!!」

 

このユーザーのニーズにいち早く答えることがSEOの本来の目的です。

なので500字であろうが2,000字であろうが10,000字であろうが関係ありません。これらより文字数より大切なことは以下の点になります。

 

  • ユーザーのニーズに応えること
  • 人を引き付けるコンテンツを作る

 

Googleもこのように公言しています。

評価の高いサイトは信頼できるサイトです。特定の分野で専門性と信頼性を得られるようにしましょう。サイトの運営者、コンテンツの提供者、サイトの目的を的確に示してください。引用: 検索エンジン最適化スターガイド

 

Googleからもユーザーからも信頼されるサイトを作ることが大切になってきます。

文字数はどのくらいにすべきか 

文字がたくさんある様子



 

文字数はSEOに関係していないと言いましたが

いくら文章量を気にしなくていいとはいえユーザーのニーズに答えられていないのは問題外です。

検索キーワードからユーザーのニーズをしっかりと読み取り「知りたいこと」「読みたいこと」を網羅していなければなりません。

 

Googleはこのようにも公言しています。

高品質なサイトを作成するためには時間、労力、専門知識、才能/スキルのうち少なくとも1つが十分である必要があります。コンテンツとは事実として正確で、記述が明確で、内容が包括的であることを要します。例えばレシピを紹介する際は、食材のリストや料理の基本的な説明だけではなく、手順がよくわかる詳細な料理方法を提供します。引用: 検索エンジン最適化スターガイド

 

つまりユーザーにとってわかりやすく簡潔に書き、ユーザーが求めているニーズに対して網羅して書く必要があるということです。

 

結論を申しますと、「文字数は何文字にすべきか?」か問題ではなく内容が大切ということです。内容さえしっかりしていれば1,500字~2,000字程度で十分だと思います。

 

しかい、あまりにも文字数が少なすぐるのもよくないです。まぁそもそもユーザーのニーズにしっかり応える記事を作ろうとしたら自然と2,000字ほど言ってしまうはずです。

文字数はSEOに関係しているのか?まとめ

まとめノート



 

文字数はSEOに関係はしてきません。

SEOの本来の目的は「ユーザーのニーズにしっかりと応えること」です。

そしてユーザーが求めているニーズに対して網羅して記事を作成する必要があるということです。それさえできていれば問題がありません。

 

あまり文字数にユーザーが求めていることは何かを1番に考え記事を作成するようにしましょう。